キノー と ヴィクトルツォイ 伝説 KИНO & Виктор Цой

ソビエトの英雄的ロックバンドを日本語で紹介。このブログでは「キノー」及びボーカルの「ヴィクトル ツォイ」を研究していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【血液型】動画・2





【血液型】
スポンサーサイト
  1. 2007/05/30(水) 03:10:06|
  2. Video Clip
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【一箱のタバコ】動画・2






【一箱のタバコ】
  1. 2007/05/30(水) 03:08:42|
  2. Video Clip
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mi Hotim Tancevat

  1. 2007/05/30(水) 02:49:20|
  2. Video Clip
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

動画追加のお知らせ

【おやすみ】

【血液型】

【一箱のタバコ】

に追加しました。

【おやすみ】に含まれる映像は、彼の働いていたカムチャカのシーンです。

このブログ上の動画は全てyoutubeからの引用です。
一応保存はしていますが、向こうで削除されたと気がつかれた方がいらっしゃれば、
知らせていただくと光栄です。
  1. 2007/05/28(月) 02:41:54|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクアリウム コンサート



5月21日 ロンドン ロイヤル・アルバート・ホールにて【アクアリウム】のコンサートへ出向きました。 【アクアリウム】のリーダー、ボリスはヴィクトルを援助していた事もあってこのブログに載せてみました。

上の動画はコンサートには関係ないですけど一応、参照のために、、、

実際、アクアリウムの音楽を聴いてみると、初期の方が好きだ。 ロシアのボブディランと評価された時代もあったが、確かにその辺りの影響は多大にあったと思う。 けど、単純にロックとカントリーがロシア文化と解け合って不思議な調和を奏でていた。
今回のコンサートには、それほどロックがかかっていなかった。
ギグ会場とは違い、客席が高々と並べられているオペラハウスでの公演だった為なのであまりに客を乗せ過ぎても危険だったためか、、、

Sri Chinmoyというインドのスピリチャル先生の手によって今回のコンサートはタダであった。
この人にであってからなのか、なんなのかは知らないが、アクアリウムの音楽が顕著に変わったのにはスピリチャル世界が影響しているのは否めない。それが吉と出るかどうかは知らないが、とにかくそんな歴史的瞬間に居合わせた事を幸福に思う。
日本でも早く大体的に公演できればと思う。
  1. 2007/05/24(木) 22:58:55|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アクアリウム・ロンドンコンサート

back


boris



従来通り無料チケットでアクアリウムが参上します。キノーとも長い付き合いのあるアクアリウム。
見るにはロシアへ出向かねばと思っていたけど、わざわざロンドンまで来てくださいます。

  1. 2007/05/13(日) 02:45:30|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロシアンポップ



ロシアつながりとして、「フリースタイル」というグループのクリップ。
楽しげなダンスと音楽だなぁ

おもしろいギターの弾き方だなぁ、と思ってよく見ると
「おい!ギターやのにアンプに繋いでないやないかい!」
生演奏を捨てて、ショーに賭けたんだな。 ざんない。
そら、グルグル回れるわ

ロシア音楽はペレストロイカまで国外に出される事は規制されていたので掘り返せば面白いものが転がっている。 共産主義の名残か、彼等の音楽は多数、無料配布スタイルを持っている。
ソヴィエと時代から続く「アクアリウム」という大人気ロックバンドのリーダー(ボリス・グレベンシコフ)も「芸術は人々のものである」という考えに沿ってライブ音源もすべて公開している。http://aquarium.lipetsk.ru/MESTA/mp3/

現に「フリースタイル」も自身のウェブで公開している。
http://www.freestylemusic.ru/index.php?page=multimedia

ソビエトだけじゃなくて、世界中には不思議な音楽が沢山ある。「ジャジューカ」はブライアン・ジョンズの手によって紹介されたが、その類いはまだまだ残っている。
現代に蔓延る音楽の方法論は殆どバッハによって画一されてしまっている。「ド」の音は「ド」の普遍音で、和音の構成も決められている。 
だけど、世界にはこれらの方法論を逸した音が沢山ある。(特に宗教音楽は無茶苦茶だ。)
神道の祈祷音楽も面白い。 いつかレコーディングしてやろう。
  1. 2007/05/11(金) 02:45:03|
  2. Video Clip
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【ヴィクトルとタバコ】

igra



cig

面白い文献を見つけたので、それを絡めてディスカスしてみる。
坂内徳明氏による「ロシアの喫煙文化研究―塚田富治氏に捧げるー」にヴィクトル・ツォイの名が一度出てくる。

その論文のセクション1より引用
『喫煙は年齢的ボーダーのみならず、通過すべき社会的ステータスの獲得を表現するテクストであるとして、ボグダーノフがあげるのは主にロシアを中心としたさまざまな事例である。それは慣用句や言い回し、諺にはじまり、現代のタバコを飲みながら友達を惚れさせるべく唱える呪文、現代のアニメ、子供の歌などの口承文学、夭折したロック歌手ヴィクトル・ツォイの歌詞にまでわたる。』

(おまけ部分)その呪文の例も当論文から引用すると
『1980年代末にモスクワ医学学校の女子学生から記録した呪文として、
「ツァーリ(主君)である煙よ」(マッチを吹き消す)
「どうか御加護を」(一服吸う)
「神の僕である[ここに相手の名]を惚れさせてください」(一服)
「かれが食事をしても食べ過ぎませんように」(一服)
「飲んでも飲み過ぎませんように」(一服)
「神の僕のもとへ」(一服)
「雌牛が雄牛のもとへ向かうように」(一服)
「雌鴨が雄鴨のもとへ向かうように」(一服)
「私の言葉が意思よりも固くなりますように」(一服)
「アーメン」(一服)「アーメン」(一服)「アーメン」(一服)』

ヴィクトルの歌詞とは、おそらく[一箱のタバコ]の事であろう。
その歌詞といえば
「でももし一箱のタバコがポケットにあったなら
 今日はそれ程悪くはならない
 そして銀色の翼をもった飛行機のチケット
 それは陰だけを残し
 飛んで行く」
というものだが、意味としてみれば、「タバコがポケットにあれば、それで全ては大丈夫」のような事。今現在の時代にタバコを擁護するような態勢はあまり好ましくないが、当時の事として考えるとそれなりに大きな存在であったのだろう。

ロシアにタバコが伝わったのには二通りの見解がある。
一つ目は西洋にタバコが伝わったのはアメリカの原住民インディアンから15世紀末のコロンブスによってだが、それには医薬的効能で伝えられ、一時は上階級のたしなみとしても扱われた。ロシアのタバコ文化は16世紀末に浸透し、イワン雷帝時代に独占権を持っていたイギリス人の手によって広まったが、教会や権力に弾圧されるようになり、また衰退した。
その理由は火事の原因や、アルコールとのアナロジー、魔術的な民間薬を思わせる麻酔作用、等だが、16-7世紀のロシアにとって外国人は常に排他的で敵視されていたのも大きな要因の一つ。

もう一つの見解は近年になってアジア経由で伝わったと考える者もいる。
インドではガンジャという大麻タバコは古くから存在するし、ペルシャ、中央・北アジアではコロンブス以前から大陸に流布していたとある。
ロシアと接しているカザフスタン経由であれ、モンゴル経由であれ少なからず交流していたという仮説は可能だろう。ロシアの西側では知られていなかったかも知れないが、ルーシ族の比較的分布率の低い東側には伝わっていたのかも知れない。(詳しくはまだ調べていないけど・・・)

西洋文化の多くはキリスト教に多く影響を受けている為に、他の宗教を嫌う傾向があった。環太平洋に多く分布するシャーマニズムや、アフリカの呪術、それらに蔓延った喫煙文化も多くはキリスト教以外の宗教と密接に関係している為に、あまり受け入れられなかった。しかし、ニコチンの名の由来でもあるジャン・ニコがタバコが頭痛治療に効果があると広めた為に医学手段として定着したのでキリスト教圏にも広まった。

で、まぁーーヴィクトルがタバコを吸っていたワケは結局良く分からんが、ハードボイルドという一点ではそのシンボル価値を生み出している。映画「イグラ」のラストシーンで雪の夜道にタバコに火をつけ、敵に刺される場面がある。と同時にキノーの曲「グルーパー・グルーヴ」が流れる部分には彼とタバコのシンボルが生きている。
あってもなくてもいいのだが、タバコが無ければ[一箱のタバコ]という歌は存在しなかった事は確かで、彼はタバコが好きだったというぐらいしか今回は分かりませんでした。

  1. 2007/05/09(水) 01:16:22|
  2. 考慮
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【おやすみ】

with child





【おやすみ】

屋根は毎日の重力に震えている
天国のような羊飼いは雲を集める
街は夜に向かって光を放つ
でも夜の方が強い、彼女のチカラこそ壮大だ

 それでもベッドに行った者にとってはー
 おやすみ
 良い夢を・・・
 それでもベッドに行った者にとってはー
 おやすみ
 良い夢を・・・

ボクはこの時をずっと待っていた
そしてこの時はきた
静かであった者はもう静かではない
何も待っていなかった者は、馬に乗る
君はそれらを捕まえられない、もう遅過ぎる・・・

 それでもベッドに行った者にとっては-
 おやすみ
 良い夢を・・・

お隣がきた、ひずめがウルサいと文句を言いにきた
彼等は眠れない、音が夢を邪魔している
何も待っていなかった者は- 彼等ははずし
守られた者、守られた者


 それでもベッドに行った者にとってはー
 おやすみ
 良い夢を・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
「原文」

СПОКОЙНАЯ НОЧЬ


Крыши домов дрожат под тяжестью дней,
Небесный пастух пасет облака,
Город стреляет в ночь дробью огней,
Но ночь сильней, ее власть велика.


Тем, кто ложится спать -
Спокойного сна.
Спокойная ночь.
Тем, кто ложится спать -
Спокойного сна.
Спокойная ночь.

Я ждал это время, и вот это время пришло,
Те, кто молчал, перестали молчать.
Те, кому нечего ждать, садятся в седло,
Их не догнать, уже не догнать.

Тем, кто ложится спать -
Спокойного сна.
Спокойная ночь.

Соседи приходят, им слышится стук копыт,
Мешают уснуть, тревожат их сон.
Те, кому нечего ждать, отправляются в путь
Те, кто спасен, те, кто спасен.

Тем, кто ложится спать -
Спокойного сна.
Спокойная ночь.

(写真はヴィクトルと嫁マリアーナ、息子アレキサンダー)
  1. 2007/05/01(火) 20:45:43|
  2. 和訳歌詞
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

ken

Author:ken
このサイトはキノーファンサイトです。centredio*mac.com メール下さる場合は*を@に変えて下さい。

FC2カウンター


無料カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

SHOP

このCDにメジャーな曲が 全て入ってます

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。