キノー と ヴィクトルツォイ 伝説 KИНO & Виктор Цой

ソビエトの英雄的ロックバンドを日本語で紹介。このブログでは「キノー」及びボーカルの「ヴィクトル ツォイ」を研究していきます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

歴史

19



「KИНO」の歴史を大雑把に纏めてみる。後々ソビエト連邦の歴史や、その政治体制、どう「KИНO」の音楽に影響したかも調べるつもりですが、今回は政治よりも、ビクトルの生い立ち、「KИНO」の生まれた軌跡を追ってみる。

ー1962年6月21日レーニングラードにて「ビクトル ツォイ」(Виктор Цой)は教師ヴァレンティーナ ヴァシリイヴナ(母)と技師ロバート マキシモビッチ(父)との間に生まれる。

ー1969年 ビクトル(7歳)は母の勤める学校に通いだす。

ー1974年 (12歳)アート学校に通いだす。そこでマキシム パッショフ率いる「No.6区」(PALATA No.6)は結成され、3年間在籍。

ー1979年 ビクトル(17歳)は成績不振で学校を追い出され、工場で働きだす。夜間学校に入る。

ー1981年、(19歳)「ガーリン と ギッベルボロイード」というバンドをビクトルはアレクシー リビン、オルゲ バリンスキーと共に結成。 しかし間もなくオルゲ バリンスキーは脱退。 そしてバンド名を「キノ」(Кино) に改名。

ー1982年春 (20歳)ファーストアルバム「45」をリリース。ビクトル将来の嫁マリアーナと出会う。ボリス グレビンスキーコフの「アクアリウム」と共にレーニングラードで初コンサート。この年ビクトルは学校を卒業、プスキンにて修復工事の仕事を始める。秋庭師を始める。モスクワで初コンサートを行う。

ー1983年(21歳)2月ビクトルと喧嘩し、アレクシー リビンは「キノ」を去る。夏、アレクセイ ヴィシュニーによってデモアルバム「46」が書かれる。

ー1984年(22歳)春レーニングラードのロッククラブにて2度目のフェスティバルを催す。
後半期、アンドレイ トロピロのスタジオで「アクアリウム」のミュージシャンと共に「カムチャカの経営者」(Начальник Камчатки)をリリース。 二代目の「キノ」がビクトル(ギターとボーカル)、ユーリ カスパルヤン(ギターとボーカル)、ジョージイ グリヤノフ(ドラムとボーカル)、アレキサンダー ティトフ(ベースとボーカル)によって再結成された。アレキサンダー ティトフは元「アクアリウム」のメンバー。しかし、直ぐにイゴール ティッコミロフと交代させられる。

ー1985年2月 ビクトル(23歳)、マリアーナと結婚。その春「キノ」は3度目のレーニングラードでのフェステェバルに優勝。8月26日ビクトルとマリアーナの間にアレキサンダー(サーシャ)が生まれる。 後半期、アンドレイ トロピロとアレクシー ヴィシュニーのスタジオで「夜」(Ночь)と「これは愛ではない」(Это Не Любовь)を制作。
「これは愛ではない」をリリース。

ー1986年(24歳)一月「夜」をリリース。春、4度目のレーニングラードフェスティバルで最優秀歌詞賞を貰う。(七月にこのサイトの管理人が生まれる。) 夏、キエフにて「休暇の最後」を撮る。「赤い波」をリリース、そしてビクトルは未知の土地「カムチャカ」で働きだす。
この年の暮れ、アレクシー ウチテルの映画「ロック」と「アッサ」に出演。「最後のヒーロー」(Последний Герой )にも出演。

ー1987年(25歳)春、ラシド ヌグマノフの「針」に主演として出演。

ー1988年(26歳)アルバム「血液型」(Группа Крови)リリース。「太陽と言う名の星」(Группа Крови)制作、リリース。

ー1989年(27歳)夏 ビクトルとユーリカスパルヤンはジョアナ スティングレイに会いにアメリカを訪れる。オデッサのフェスティバル「ゾロトイ デューク」に参加。フランスにて「最後のヒーロー」をリリース。

ー1990年(28歳)春、ビクトル 日本を訪れる。6月24日モスクハのルッツニキにて最後のコンサート。「黒のアルバム」(Черный Альбом)がリリースされる。このアルバムはビクトルの死後名付けられた。8月15日12時28分 ビクトル ロバートヴィッチ ツォイはラトビアのリガ近くで交通事故死。8月19日レーニングラードにて埋められる。

ー1996年「キノ」の音楽はリマスターされる。

ー2000年 最近のロシアンアーティストにより、感謝として「KINOprobi」を制作。デジタライズされたCD「この世の話」(Istoriya Etogo Mira)「悲哀」(pechal)をリリース。

ー2003年 6枚のCDが発売される。初期の頃のバンド「 ガーリン と ギッベルボロイード」、2枚のコンサートアルバム、映画に使われた曲など。
スポンサーサイト
  1. 2007/01/13(土) 01:23:58|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ビクトルの死について

2.jpg


1990年8月14日、ビクトルはこの日、ラトビアにて次のアルバムのボイスレコーディングがあった。ビクトルはバンドとのレコーディングの為にラドビアからレーニングラードへ向かう途中であった。
15日早朝、ラトビアのリガ市の郊外でコントロールを失った彼の車はバスに激突、そして死に至った。車は完全に大破し、一つタイヤが見つからなかった。

17日ソビエトの中心的新聞「コムソモロスカヤ プラヴァダ紙」がそれらを伝え、ソビエト全土の若者達にその意味が伝わった。

ビクトルの存在は若者達に対して、ソビエトの政治家よりも、金持ちよりも、小説家よりも、もっと大きな意味があった。それはビクトルが嘘をついた事も自分を売り込もうとした事も無かったからだ。彼は彼自身であり、彼自身を貫き通した。信じられないかもしれないが、彼の人生は彼の描いた通り、ロッカーとして何も違わなく、彼の歌った通りの生き方をした。 ビクトルはロックの最後の英雄なのだ。

注目すべき事に、彼の次のアルバムの為にレコードした彼の歌声の入ったテープのみ事故から助かった唯一のモノだった。「キノ」の残りのメンバーはそのテープからのビクトルの声と音楽をレコーディングし、アルバムを完成させた。そのアルバムはシンガーに対する追悼の意味も含めて「ブラックアルバム」と名付けられた。(Чёрный альбом)
そのアルバムは「キノ」のアルバムの中で一番有名な作品となり、ロシアンロック史に揺るぎないいトップの座を作り、ビクトルを最高のヒーローとして刻み込まれるきっかけとなった。ビクトルに続いて65人のファンが自らのヒーローを失った事で、自殺した。

  1. 2007/01/16(火) 00:58:13|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

ロシアについて 1

600px-Flag_of_Russian_SFSR.svg.png



9世紀頃に東スラブ人の作った「ルーシ」という国を起源とする。元々は南部のキエフに栄えた民族だが、隣国ポーランドの脅威が大きくなるにつれ、北領に追い込まれる事になった。その森林が自然の要塞となり、かつその森林と共に生きて行く民族となった。森林は木材となり、燃料となり、動物達は肉となり、着物となり、特にハチミツは彼らにとって重要な糧となった。
このハチミツを好物とする熊は身近な天敵となり、ロシア文化に大きな影響を与えた。
確かにビクトルの詩「彼女が病気の時」にも出てきている。
熊というロシア語はミハイル(Михаил)という具体的人名が存在し、本来『熊』を意味する『медведь』という単語自体には『蜂蜜食い』という意味になっている。
と、聞いた事があるが友人に確かめてみたところ、ミハイルとは言わなく、更に愛称として「ミーシャ」と呼ぶらしい。 イギリスで言うところの「テディー」ですかな。

ビクトルの母親は推そらく、このルーシ一族の子孫なのであろうが、父親は朝鮮からやってきた労働者である。ビクトルの名字「チェ」(ロシア語ではツォイ)はその歴史を物語っている。

ビクトルの歌う歌詞は悲観的な内容が多く、アジアン哀愁も伝わってくる。ロシアで売れたのはソビエトという社会主義に対するアナーキー精神が先行なのか、音楽の質なのか、ビクトルの歌った通りの生き方がかっこいいのか。
  1. 2007/01/19(金) 21:29:08|
  2. 歴史
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

プロフィール

ken

Author:ken
このサイトはキノーファンサイトです。centredio*mac.com メール下さる場合は*を@に変えて下さい。

FC2カウンター


無料カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

SHOP

このCDにメジャーな曲が 全て入ってます

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。